二の腕 脂肪吸引

脂肪吸引には、二種類ある

薄着の季節になってくると、気になるのは二の腕のぜい肉ですよね。二の腕は筋肉の多い部位ですが年を重ねるにつれて脂肪がつきやすくなってしまう部位でもあります。しかも、脂肪がついてしまうとなかなか取れにくいという厄介な部分なので、気が付いたら二の腕に振袖のようにお肉がついている!と悩む女性も多いのではないでしょうか。ダイエットしようと決意してエクササイズを始めても、なかなか効果が現れないと挫折してしまいがちです。そこで、今回は効果的に二の腕を細くする、脂肪吸引について紹介します。

 

woman

脂肪吸引と一口にいっても、手術をする「切る脂肪吸引」と、メスを入れない「切らない脂肪吸引」の二種類があります。

arrow 「切る脂肪吸引」は、脇やひじ等の目立ちにくい場所にメスを入れてカニューレという管を挿入し、脂肪を吸引します。直接吸引する分、即効性があって高い効果が期待できるので、大幅なサイズダウンをしたい方やすぐに効果を実感したい方にぴったりです。デメリットとしては、個人差はありますが手術後1週間程度、痛みや腫れを伴い、内出血等の体のダメージがあることです。入院の必要性はなくても、術後はサポーターを装着して激しい運動を避けたり、美容師等の腕を使う仕事はしばらく控える等の対応が必要になります。

 

arrow 一方、「切らない脂肪吸引」は超音波と高周波を照射できる機械で脂肪細胞を破壊し、排出していく方法等があります。「切る脂肪吸引」に比べて、痛みや腫れ等の体の負担が少ないと言えます。一度に取り除ける脂肪は多くないですが、範囲の狭い二の腕なら適していますし、自然に痩せたようなナチュラルな効果を求めている人にはお勧めです。デメリットとしては、即効性が期待できないことと、機械との相性により効果が物足りなく感じる場合もあるということです。

 

手術は皮膚がでこぼこになる等、失敗した時のリスクもありますし、料金もクリニックによって異なるため、興味のある方は慎重に選ぶことをお勧めします。どのような医師が施術をしてくれるのか、アフターケアはどのようにしてくれるのか、事前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。